2018 2月 13 | 棚卸代行会社 アーバンミラー のブログ

‘2018/02/13’ カテゴリーのアーカイブ

にしおこっぺ②

2018/02/13

こんにちわ 棚卸 アーバンミラースタッフです。


やりました!平昌オリンピック!
日本人3つメダル獲得です!

まだまだ頑張ってほしいです。



西興部村の施設は「○夢」という名称がつけられています。
森のホテルは「森夢」、木のおもちゃがたくさんある森の美術館は「木夢(こむ)」、フラワーパーク併設の道の駅は「花夢(かむ)」。



どの施設もオレンジ色のおしゃれな建物です。
これは村の「美しい村づくり条例」によるもので、
確かに雪の中にあるオレンジ色の建物はまるで童話のような世界です。


ところで、ホテルの前に「来夢(ライム)」という建物がありました。
これは何かな~?と思ったら、スーパーマーケットでした(笑)


後で知ったのですが、このスーパーさんはこの日がオープン初日だそうです。
周りには1軒あるだけだったので、初日はかなり賑わっていたのだとか。
地元の新聞にも載っていたそうです。


結局この日はホテルのレストランで夕食を済まし、温泉に入ってのんびり過ごしました。


ホテル森夢で6時頃に目覚めました。



その日はこれからバスで名寄に向かいます。
名寄方面に5Kmほど行った所に道の駅があり、そこにも寄りたいと思います。
バスは8:12発の次は11:17発。


道の駅での3時間滞在はさすがに暇なので、10時頃にタクシーで道の駅に行き、
11時台のバスで名寄に抜けることにしました。
ところが、フロントで尋ねたところ、西興部村にはタクシーが無いとのこと!
仕方なく、8:12のバスで道の駅に向かいました。


北海道の大きなバス停には待合所があり、暖房も完備されています。
待合所に入ると、地元のお客さんが挨拶してくださいました。
学生の女の子と年配のおばあさん。小さな村なのでみなさん顔見知りのようです。


昨日雪道で滑って足を打った女の子をおばあさんが心配そうに気遣っていました。
外は-10度の極寒ですが、待合所は暖かい空気に満ちていました。




















バスに乗って10分ほどで上興部に到着。ここから300mほど歩くと道の駅があります。
まだ道の駅の施設は開店前なので、バス停の待合所で時間をつぶすことにしました。
この待合所にも反対方面のバスに乗る地元のお客さんがいらっしゃいました。



7年前に東京から移住されてきた方です。
「住めば都。優しい方が多くていい所ですよ」と話してくださいました。
昨夜からのわずかな感触ですが、私も同感です。


その③は後日・・